生姜の食べ方

生姜は料理の臭い消しや風邪の時の発汗作用などいろいろな効果を持っています。

血行を良くして身体を温める効果があると言われ、冷え性の女性には特に人気です。

しかし生姜は食べ方によって効果が違います。

例えば、生姜を加熱すると「体内の温度を上げたい」「身体の中から温めたい」という時に効果があります。
加熱した生姜の成分の一部が変化した「ショウガオール」に体内の温度を上げる効果があり、乾燥させた生姜も身体を温める効果があります。

生の生姜は、「ジンゲロール」という成分が多く含まれ、殺菌効果や解熱効果があります。血行を良くして表面温度を上げますが、体内温度は下げるので風邪のひき始めや熱を下げたい時に効果があります。

つまり生姜は調理方法によって全く効果が違い、方法次第でその効果を発揮します。風邪をひいて高熱が出ている時に加熱した生姜を食べると体温を上げてしまうので逆効果です。

生姜はいろいろな効果を持っていますが、間違った食べ方をすると意味がありません。

因みに補足ですが、生姜は食べるばかりではありません。「生姜風呂」という方法で、スライスした生姜を布袋に入れて湯船に浮かせる方法もあります。